視界に生じる飛蚊|日本人に増えている緑内障|通院することで完治を目指そう
カウンセリング

日本人に増えている緑内障|通院することで完治を目指そう

視界に生じる飛蚊

診断

症状が出たら早めに受診

飛蚊症は目の前に黒っぽいものが浮遊して見える症状のことですが、飛蚊症が現れる原因は疾患か生理的な問題といわれています。危険度が高いのは疾患による飛蚊症で、対処が遅れると網膜剥離が進行して失明に至ることがあるという話は有名です。眼科系の疾患の中でも、飛蚊症が現れる時は網膜剥離が起きている可能性が高いです。網膜剥離とは眼球内側部に張り付いている網膜が剥がれることで、網膜は目から入った光に反応して視神経に働きかける存在なので、剥がれて正常な働きができなくなると視界に異常が生じます。失明は網膜の中心に位置する黄斑まで網膜剥離が進行すると起こるので、飛蚊症が視界の中に発生した時はできるだけ早く眼科で診てもらうことをおすすめします。

黒いものは動くことが特徴

飛蚊症のみえ方は人それぞれで、一般的には黒い虫に似たもの・黒いもや・黒い糸くずのようなものが見えます。視線を動かすと、この黒いものは動きます。動かない場合は視野欠損という症状で緑内障の疑いがあるので、早めの受診が必要です。実際には存在しない黒いものが視界の中で動く場合は、飛蚊症です。飛蚊症が疾患で起こる場合は網膜剥離が原因である場合が多く、生理的な原因である場合はストレスが主な原因となります。ストレスによる飛蚊症は心身症の一種なので、受診する科は眼科より心療内科が適しています。目のことなのでまずは眼科で診てもらい、眼科で異常が見つからない場合は生理的な原因が疑われるので心療内科に行くと良いです。