ウーマン

日本人に増えている緑内障|通院することで完治を目指そう

浮遊物が見える目の病気

ナース

明るい所を見た際に、黒い点や糸、虫のような物体が、目の前を飛んでいるように見える症状を飛蚊症と言います。飛蚊症は、稀に眼底出血や網膜剥離といった、大きな目の病気の初期症状の場合があります。黒い点が濃い、大きい、症状が頻繁に現れるという人は、早期に眼科で検査を行って下さい。

詳細を読む

日本で最も失明率が高い

婦人

初期の段階では気づかない

近年の日本で最も多い失明の、原因となっている疾患は緑内障になります。網膜神経節細胞が死滅する進行性の疾患で、視野が欠損し視神経の変形といった症状があるのです。視野が欠損し視野狭窄となりますが、初期の段階ではほとんどといっていいほど、気付きにくくなっています。初期の段階では、多くの場合中心部から離れた場所で起こり、しかも欠損する部分が極小さなものなので自覚しずらいのです。緑内障は進行性なので、視野が欠損し視野狭窄に陥っていることに気付かないまま病状が悪化し失明に至るケースが多くあります。主な原因としては、加齢・眼圧・遺伝によるものなどがあげられていますが、明確にはされていないのが現状です。日本では40代以降で発症するケースが、多く報告されており近年では罹患率が上昇しています。

自宅で簡単にチェック

目の網膜の神経細胞を死滅させてしまう緑内障は、恐ろしい疾患であるのは間違いがないです。一度喪失してしまった視野を元通りに戻すのは、現在の段階では難しく進行すれば失明してしまいます。現在の緑内障に対応する治療方法は、進行を遅らせるといった方法しかないのです。したがって少しでも早い段階での発見が、重要になるので気になるのなら眼科を受診することをすすめます。もしも眼科に行くのが、面倒だというのなら自分で簡単なテストをすることも可能です。正方形の紙に、数字や果物、動物などの絵を書いて、わかりやすい目印をいくつかの場所につけておきます。紙の幅と同じくらいの距離を開けたところで、片目を隠しそれぞれの目で紙に書いた目印が見えるかどうかを確認するのです。両目だと見えた目印が、片目だと見えない部分があったら緑内障である可能性があります。そうなったら眼科できちんとした検査を、受けて治療を開始することが大切です。また喪失した視野を元通りにすることは無理ですが、再生する研究が進められています。今の段階では再生は難しくても、進行を遅らせ時間を稼ぐことが重要なのです。

飛蚊予防にはサプリを活用

女性

飛蚊症は治せるものではないとされますが、サプリメントや目薬で予防することはできます。サプリメントではアントシアニンなど目に良い成分のサプリを取り入れる人が多く、目薬は目を使うことの多い人が常用すると良いそうです。

詳細を読む

視界に生じる飛蚊

診断

飛蚊症は視界の中に実在しない黒いものが見える症状で、視野欠損と違って視線を動かすと黒いものも動きます。原因は疾患と生理的要因があり、疾患であれば網膜剥離の疑い、生理的要因の場合はストレスが疑われます。飛蚊症がみられた時は早めに眼科へ行き、異常がなかったら心療内科で相談してみると良いと思います。

詳細を読む